茶茶録〜Cha-Cha-Log

2008-10-19

08秋天:心の隊員大募集!

昨秋に引き続き、愛子さんのサイトChinaty Partyでは、秋の鉄観音の心の隊員、大募集中です。
すでに出発できるかどうかの運命を握っていた「一秋隊員」の募集は終了しましたが、現地滞在中に手を挙げてくださる「二秋隊員」および「一秋隊員」の援護射撃(心の追加)はまだまだ必要ということです。

この秋は、祥華のおとんの家がついに伝統茶専用製茶場として生まれ変わった記念すべき秋だそうです。
愛子さんもおとんも体調ばりばり、絶好調〜♪で製茶できているらしく、これからどんなすごいお茶ができるのか、楽しみでなりません。

さて、愛子さんのBlogでは、おとんがこだわりを持って作っている天然野生鉄観音の危機的状況が伝えられています。
天然野生鉄観音の原木が開発等で激減しており、苗となる枝を採取することが困難だそうです。
よって、おとんもこれからのことを考えて、現在あるお茶を何年も先に飲めるように製茶の加工を施しているのだそうです。
そのことを考えると、今後おとんの美味しい伝統茶を一緒に守っていくため、「心」のサポートは重要課題だと思うのです。
愛子さんのBlogをぜひ一読していただき、ご賛同くださる方をお待ちしています。
21:07:28 - KIMIKO -

2008-09-27

茶縁〜愛子・恵美の二人展 開催中です

国立のカフェギャラリー亀福にて開催中の二人展
今日は店番として、一日居させていただきました。
急に秋がやってきた!とばかりに涼しく過ごしやすい一日で、ご来場の方々にはベストな鑑賞日和ではなかったかと思っております。
本日と明日は、谷保天満宮の秋祭りにつき、会場周辺道路は交通規制および混雑が予想されますので、車でご来場の方はご注意くださいませ。

さて、二人展は愛子さんの書と恵美さんの写真のコラボレーションということですが、愛子さんの書は躍動感溢れる文字もさることながら、墨の色が非常に美しく、恵美さんの写真は影を捕えることによって生まれる光の美しさと温もりが特徴だと思われます。
書の薄墨の色の出具合と写真の光と影のコントラスト、それぞれの特徴がお互いに引出しあえるかのようにとても良い具合に配置されています。
まるで、甘いお菓子としょっぱいお菓子を交互に食べていて、「こりゃやめらんね〜。」な状態になってる感じ。(なんのこっちゃ)
亀福さんのギャラリーの空間と雰囲気、お二人の作品が本当にマッチングしていて、心地よいです。
30日(火)まで開催中ですので、皆様のご来場をお待ちしてます。

【茶縁《愛子・恵美/二人展》】
会期:2008年9月25日(木)〜9月30日(火)
   10:30〜19:30
  (ただし、初日のみ16:00より、最終日は18:00まで)
会場:ギャラリーカフェ 亀福   東京都国立市東1-14-21グリーンライフ国立1F

--------------------------
本日、会場内には美猫のぷーしんのポストカード、マグカップを展示していましたが、これらはネット通販で購入可能です。
ネコ好き、オッドアイ萌えの方は是非!
http://designgarden.jp/958/
また、私が着用していた愛子さんの書がプリントされたTシャツも同様に通販で購入できます。
当然のことながらデザインが格好良く、墨の滲み具合も美しくプリントされていて、更に縫製がしっかりしていて(首回りとか特に。)、着心地抜群です。
生成り色が特におすすめです。
http://designgarden.jp/1127/
20:55:00 - KIMIKO -

2008-03-16

08春天:心の隊員大募集!

前回の更新から早半年。
季節は巡り、草木が芽吹くうららかな春となりました。
というわけで、緑茶の季節♪
今年も愛子さんが連れて来て下さる「翁家山おじちゃんの龍井」と「東山のおとんの碧螺春」を飲みたいっ。
というわけで、「おいしいお茶みつけたっ!Cinaty Party.com」では心の隊員募集中なのです。
(すみません、心の隊員募集の時しか更新しないサイトになってしまって。。。)

春の緑茶は、秋の鉄観音よりも厳しい状況だそうです。
なぜなら、中国を代表する最高級茶葉として龍井茶が一部の上級層により取引されることにより、どんどん相場が高くなっているから。
また、中国経済の活性化による物価上昇も厳しい状況の理由の一つ。

だけども、そんな中をもろともせず、伝統的な製法を守りぬいてきている作り手さんたちのお茶は、機械製法されたお茶では味わえない、滋味あふれる美しい味がする。
しかし、お茶を取り巻く状況は、年々変化してきており、機械化&大量生産が進む中、翁家山おじちゃんと東山のおとんは素晴らしい技術を持った希少な作り手さんたちなのだ。
そんな幻級のお茶を私は飲み続けたいっ。
愛子さんと作り手さんたちが現地で味わう感動をおすそ分けしてもらいたいっ。

詳細は愛子さんのブログで。
緑茶は気候が大きく影響し、産量の多少も出発前には全くわからないお茶。
不確定要素は多いけど、応援部隊がいないことには、作ることだってできないお茶もある。
だから私は応援していきたい。
美味しいお茶を飲み続けていきたいから。
(あっ、鉄観音の時と同じ結びだわ。)
22:21:20 - KIMIKO -

2007-10-07

<緊急>秋の鉄観音心の隊員募集中!

愛子さんのサイトでは、07茉莉花茶心の隊員に引き続き、今度は祥華のおとんの鉄観音も心の隊員を募集中なのです。
今度はもう出発時期がすぐそこに迫っているので、募集期間は1週間とごくわずか。
愛子さんのブログでは現在、予告として掲載されているのだけど、今後詳細がアップされる予定なので、ブログをマメにチェックをしてくださいまし。
http://chinatyparty.com/blog335/

今年の茉莉花茶は本当にすごいと思った。
お茶の甘さ、花の香り、持続性、味の濃さ・・・
こんなお茶に出会えたのは、愛子さんがいたから。
愛子さんが「作りたいっ!」って言わなきゃ、誰も作らない。

祥華のおとんの鉄観音も愛子さんが行かなきゃ、私たちが口にすることはまず無いものだろう。
伝統的な製茶法にこだわっているからこそ作ることができる美味しいお茶。
手間もかかるし、労力も必要だ。
農家さんだって機械を使ったり、農薬や肥料もじゃんじゃん使って大量生産をするほうが儲かるし、手間もかからない。
だけど、昔ながらの製法で作られたお茶を正当に評価し、購入してくれる人がいれば、作る側だってそれを守り続けていこうとするのではないか。
そうやって伝統って引き継がれていくものだと思う。
わずかな力かもしれないけど、その伝統を守っていくことに協力したい。
やっぱり、美味しいと思えるお茶を飲み続けていきたいから。

きたきつねさんのブログにもエントリーされています。
01:53:42 - KIMIKO - 4 comments

2007-08-18

お知らせ

本日、「おいしいお茶みつけたっ!Chinaty Party」の愛子さんと連絡を取ったのだけれど、愛子さんが気にされていることがあったので、私の方からお知らせさせていただきます。

Chinaty Partyは現在ブログと掲示板が壊れてしまっていて、仮設ブログを運営中です。
http://chinatyparty.com/blog335/
07愛莉花茶についてはこちらでエントリーされています。
http://chinatyparty.com/blog335/cat5/
サイトのトップページからはリンクされているので、すでにお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、もしかしたら、「心の隊員に応募したのに、ブログが止まっている!掲示板も無くなっている!」と不安に思ってらっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんのでこちらでもアナウンスさせていただきます。

今年の花茶はとても良いタイミングでの製茶ができたらしく、大変良いお茶に仕上がったようです。
あとは無事に愛子さんとお茶が日本に到着するだけ♪
通信状態の良い時には、ブログもどんどんアップされているので、マメにチェックしてみてください。
18:06:25 - KIMIKO -

2007-08-05

楊枝甘露を作ってみた

最近、我が家には台湾マンゴーが常備されている。
結構スーパーでも見かけるので、2Lで700円前後、Lで500円前後、Mで400円以下なら迷いなく購入しているからだ。

今日は、グレープフルーツを頂いてきたのだが、「ん?マンゴーがある、タピオカもある、ココナッツミルクはないけど生クリームで代用できそう♪」と閃いて、楊枝甘露を作ることにした。

タピオカをゆでている間に、グレープフルーツを剥いて房を細かくちぎり、マンゴーの皮を剥いてざく切りに。
マンゴーは4分の1位をマッシャーでつぶして、ピューレ状に。
そこに生クリームを投入。
タピオカがゆだったら、ざるに空けて水洗いして、全部を和えて完了♪


できあがり〜♪

濃厚なマンゴーの甘さとグレープフルーツの爽やかさがマッチして、タピオカのツブツブの食感も楽しい。
本当は、生クリームはココナッツミルクで、グレープフルーツはポメロというザボンのような柑橘類らしいのだけど、これでも十分美味しい。
ポメロはなかなか手に入りにくいけど、ココナッツミルクは手に入るので、今度はココナッツミルクで作ってみようと思う。

でも、香港の満記甜品に行って食べたいわ〜、というのが本音。
21:29:37 - KIMIKO - 3 comments

2007-07-14

リプトンインスタントミルクティーの意外な美味さ


最近、中国産製品が色々と取り沙汰されており、こんな時になんなんだが、中国のスーパーとかで売っているリプトンのインスタントミルクティーは美味い。
中華圏に旅行に行ったら、これと阿華田(アバルディン、味はミロみたいな飲み物)はつい買ってしまう。
リプトンは中国語で「立頓」と書く。
種類は色々出ているが、「金装」(ゴールドラベル)と書かれているのが一番美味いらしい。(愛子さん談)

ミルクの味はいかにもインスタントコーピー用の粉クリームの味なのだが、紅茶の味が濃くて良い。
紅茶は中国紅茶っぽいスモーキーな香りがする。
砂糖もたっぷり入って「あまあま」なのだが、この甘さがリラックス感を与えてくれる。
夏は氷を入れてアイスミルクティーにするとグッド。
実は、そんなミルクティーが愛子さんの「期間限定おまけつき茶葉」を買うとおまけで付けてもらえる。
ばかにはできない意外な美味しさなので、両方に興味がある方は試してみるとよいと思う。

香港に行くと、インスタント飲料がすっごい充実していて、ついつい「インスタントごま汁粉」とか「インスタント鴛鴦茶」とか買ってしまう。
あ、クノールのスープでも美味いのがあったりするんだな。
香港行きたいな〜。
13:06:20 - KIMIKO -

Copyright (C)KIMIKO,All Rights Reserved.