2003.10.18 朝一デパート

今日は午後から予定が入っていたので、明日のお茶会に持って行くお茶請けを買いに新宿タカシマヤまで夫に車を出してもらって行った。
開店の10時を10分過ぎたところで到着。
駐車場に入るのもすんなりだ。

まず11階に行って買い物を済ませ、エスカレーターで10階に降りるとかの「鼎泰豊」の前。
いつもは30分待ちは当たり前なくらい混んでいるのに、まだ時間が早いせいか順番待ちの人はいなかった。
「おおっ?!」と思って、店内を覗くと席は空いていた。
今なら待ち時間ゼロで入れるチャーンス!
時間は10時45分だったが、「今入らずして、何時入る」というわけで「早い昼食」を摂る事にした。
頼んだメニューは小籠包、エビ餃子、鶏のスープ、エビ炒飯。
これで約3,000円。
ひょー高っ!台湾に行きたい・・・・。
台湾だったら3分の2の額で済むし、量だってもっと多いぞ!(なので実質は2倍位高い)
小籠包もエビ蒸餃子もアツアツで出てきたんだけど、具が少ないのでちょっと物足りない。
個人的には順番待ちしてまで食べたい味ではない。

お腹が満たされたところで、地下食料品売り場に行く。
栗きんとん等々を購入した後、目ぼしい物はないかとぐるっと一回りしていると、「茶語」でスイーツを売っているのを発見。
蓋碗に入ったデザートは、食べた後の蓋碗が使えて便利ーなのだが、蓋のつまみがイマイチ掴みにくくて使いづらいというのが難点だった。
がっ!「蓋碗派」の方に朗報!!
なーんとツマミのデザインが変わってました。
これなら持ち易いっ!
以前のデザインはツマミの部分が垂直で短く、熱いのを持ち上げようものなら、それは一苦労だったのだが、現在のデザインはツマミの上の部分が大きいので、指に引っかかるところが出来て持ち易い。
これは品茶に最適!というわけで、3つ買って帰りましたとさ。(おしまい)

2003.10.11 愛里さんの茉莉花茶

3連休の初日。
午後から特に予定も無く、ぼーっとしていたので、お茶することにした。
台湾で買ってきた茶盤を出し、テーブルに電熱調理器とガラスやかんをセットして「家お茶」では珍しく本格的なセッティング。

最初は先月届いた愛里さんの茉莉花茶品茶セットの品茶。
本日は4種類あるうちの、白毛尖の(8yin)と(4yin1提)の2種類を飲み比べ。
元の茶葉は同じ物で、yin花(香り付けの工程)の回数が違うという。
(詳しいことは愛里さんのサイトの旅日記をご覧くださいね。)

アルミガゼットを開けて、茶葉の様子を見てみると・・・あれ?「4yin1提」の方が「8yin」よりもジャスミンの香りが強い。
ちょっと意外だった。
蓋碗を二つ用意し、いよいよ品茶。
むせ返るようなジャスミンの香りが部屋中に漂った。
そして、それぞれを口に運ぶ・・・おっ!今度は「8yin」の方がジャスミンの香りが強くなった。
「4yin1提」も十分美味しいのだが、「8yin」を飲んだ後ではインパクトが弱くなってしまう。
「4yin1提」は3煎目くらいからは「緑茶」の味が際立ってきた。
使っている茶葉が良い茶葉なので、ちゃんとお茶の味と香りが感じられる。
これが「お茶単独では売り物にならないから、茉莉花の香りを着けた」安物だったらこうはいかない。
きっと上辺だけのジャスミンの香りとともにお茶の味も1、2煎で流れていくだろう。
(ちなみに「4yin1提」を単独で飲むと、茉莉花香はしばらく続きます。)左が「8yin」、右が「4yin1提」。この写真では判別不能。

しかし「8yin」は凄い。
何煎飲んでも「茉莉花茶」なのだ。
yin花を重ねると、茉莉花の香りの成分が茶葉の表面をコーティングするのではなく、茶葉の中の組織と茉莉花の香りの成分が複雑に絡み合っていくのだろうか?
茶葉と茉莉花香が同じテンポでお湯の中に溶け出していく。
結局7〜8煎飲んだけど、まだまだ茉莉花香は続いていた。

ちなみに夫はジャスミン茶はあまり好きではなかったらしい。
頂き物の台湾高山茶(どこの山かは不明。)を淹れてあげると、喜んで飲んでいた。

2003.10.08 秋の誘惑

しばらく更新を放置してました。
無駄足を運ばせてしまった閲覧者の方々、どうもすみません。

なんだか9月に入ってようやく夏がやってきたと思ったらすぐに涼しくなって、今はもうめっきり秋。
温かいお茶が美味しい季節の到来だ。
でもって、この時期ってお菓子のラインナップが増える時期。
チョコレートの誘惑に負けそうな日々である。
また秋といえば、栗のお菓子。
うちの娘はモンブランが大好きで、私は寒い時期に入ると栗きんとん(おせちに入ってるサツマイモつぶして栗の甘煮と混ぜたあれじゃなくってよ。)をが食べたくなる。
今週末はデパートでも巡ってみようかな。
(狙いは高島屋に臨時出店している「すや」の栗きんとん)

今日のお茶は張協興茶行の木柵鉄観音(2003年春茶弐等賞)。
ようやく鉄観音を飲んでも汗だくにならない季節になった。


 ←トップページに戻る  ←他の過去日記を読む