2003.09.27 六本人になってみた。 

今日は、暖かく心地良い風が吹くお出かけ日和だったので、自転車に乗って六本木ヒルズまで行ってみた。
実は六本木ヒルズデビューなのだ。天高く。
ゆっくりする時間はなかったので、建物内に入ってショッピング・・・というわけにはいかず(というか思いつきでぶらっと行っただけだったので、下調べも何もしてなかったからお目当てのお店も何もないのだ。確かに都路里で抹茶パフェを食べたいという願望はあるけれど、土曜日のカフェタイムなんてどれくらい待たされるのか考えただけでも食欲減退である。)、外回りをぐるっと一周してTORAYA CAFEであんパン(160円也)を購入して、オープンしたてのヴィトンの店前の行列を横目に、とっとと自転車に乗って六本木ヒルズを後にした。こんな庭園もある。

滞在時間は約30分。
思いつきの暇つぶしサイクリングだったので、ボーダー柄のTシャツにひざに穴の開いたジーンズという格好で出かけたのだが、こんなのでオサレブティックなんか入れる訳も無い。

----------------------------------------
自宅に戻って、TORAYA CAFEで買ったあんパンにかぶりつく。
モチモチ食感の薄いパン生地に上品な甘さの餡。
それに上にかかったきな粉のマッチングはパンというよりも和菓子に近い。パンが小ぶり。
「和菓子屋がパンを作るとこうなります」的な味。
合わせたお茶は金奨蜜蘭香単[木叢]。
もともと蜜蘭香が好きなので、鳳凰の羽さんに買ってきていただいたのだが、甘さと酸味のバランスが非常に良く、立ち上るフルーティーな香りがたまらない。
少し経ってから口の奥のほうに湧き出てくる甘味もある。
でも、この単[木叢]よりもうワンランク上が家のお茶箱に鎮座している。
これもまたスゴイので、後日レビューを。

2003.09.21 Happy Birthday!

今日は娘の8回目の誕生日。
丁度家の近くの神社のお祭と重なって、お囃子の音で賑やかなのが例年なのだが、今年は生憎の雨で、お祭もいつもの様な賑やかさではない。

近所という理由で、今年は青山ペリニィヨンでバースデイケーキを予約しておいた。
(残念ながら、持ち帰る時にフルーツのデコレーションが崩れてしまったので、写真は無し。)
あっさりした生クリームがたっぷりかかったケーキの上にフレッシュフルーツがてんこ盛り。
4号のケーキを3人でペロッと食べてしまった。
ケーキに合わせたお茶は、ハロッズの「MURPHULANI ASSAM GARDEN TEA」。
このお茶は、私が去年台湾で四季春を買ってきたお礼にと、同僚からイギリス旅行のお土産に戴いたものだ。
四季春は100gでハロッズのアッサムは50gだけど、絶対ハロッズの方が高いよ!
(何しろ缶の色が良く見る赤や濃緑ではなく金色。)
割と濃い目に抽出しても嫌な苦味や渋味が出にくいので、ストレートでいただく。

ケーキを食べた後は、木柵鉄観音を飲む。
今日は天気が良くないけれども、鉄観音や岩茶を飲むにはいい天気だ。
この間までの猛烈残暑では体が温まるのであまり飲む気にならなかったが、今日はついつい煎が進む。

2003.09.15 陳建一麻婆豆腐店

3連休の最終日、特に何の予定も無かったので、うちから一番近い大型スーパーマーケットである「イトーヨーカ堂 木場店」に行った。
目当ては夫の靴。
こないだ買ったばかりなのに、どうにも足に合わないらしくて新しいのが欲しいらしい。(26.5cm・3Eのサイズ、オーソドックスな黒のビジネス用革靴です。2回だけ着用。欲しい人は手を挙げて!)

靴を買って、お昼時になったので隣接する深川ギャザリアに行くことにした。
今まで食事をする時はイトーヨーカ堂内のレストランに行っていたのだが、それが失敗だったと今日気がついた。
なんと、紅虎餃子房、謝朋殿・粥餐庁、陳建一麻婆豆腐店が入っているではないか。
今日は、陳建一麻婆豆腐店から攻めてみることにした。

メニューを見ると麻婆豆腐のセットは甘口、辛口、大辛とあったので3種類をオーダーし、追加でマンゴープリンと杏仁豆腐も頼んだ。
麻婆豆腐は辛口が「陳建一氏がお父さんの陳建民氏から受け継いだ味」、大辛が本場の四川の味ということなのだが、辛口でも結構な辛さである。
食べているうちに胃がビリビリしてきた。
平然な顔をして大辛を食べている夫を尊敬。
甘口は全然辛くない。
干しエビが入っていて子供も美味しいと言っていた。

麻婆豆腐を食べ終わって、次はおまちかねのデザートである。
マンゴープリンは、ねっとりとした食感でたっぷりかかったエバミルクとの相性も抜群。
果肉もちゃんと入っていて美味。
そしてそして、杏仁豆腐はというと・・・とにかくウマイ!!
口に入れた時はねっとり感のあるミルクっぽい味がするのだが、次の瞬間に口の中全体を杏仁香が「ぶわーっ」と広がっていくのである。
味も食感もイイっ!
この味でマンゴープリンも杏仁豆腐も1つ350円。
陳建一さん、ありがとう。

---------------------------------------
阪神が18年ぶりに優勝した。
前回の優勝は確か19年ぶりだった。
この次は17年後なのか?

前回の優勝時は確か小学5年生の時で、担任の先生が優勝記念に宿題を無しにしてくれたり、授業を1時間だけ校庭で自由学習(ようは遊んでもいいぞという時間)にしてくれたりした。

東京は試合の中継も無かったし、なんかつまららん。
なんで私が大阪におる時に優勝せんかってん。
(なんだかんだ言って、とりあえずミナミで騒いでる人たちが羨ましいらしい。)

2003.09.13 抹茶豆乳ラテ@ony

今日は、南青山の梅窓院というお寺で「郡上おどり」というイベントがあって、「行きたい」とせがむ娘と一緒に見に行ってみたが、「屋台がたくさん出ている」お祭ではなかったので、すぐ会場をあとにした。
(娘にとっては非常に期待ハズレだったらしい。)大人な雰囲気。(でも家族連れが結構いる)
夫は「日本酒好きな人が蔵元さんを囲んで飲む会」(おちゃけ会?)に行っていたので、このまま家に帰って夕食の仕度をするのも面倒だったし、近くの「ony(おにー)」というおむすび屋さんで夕食を摂る事にした。

そこで、娘は日替わりセット、私は抹茶豆乳ラテとイカキムチおむすびを頼んだ。
日替わりセットは「本日のおにぎり」3個と鶏の唐揚げ、けんちん汁がセットになっている。左からおかか、昆布、エビフライ、イカキムチ。
これで650円なのだからなかなかお得感がある。
セルフサービスのファーストフード感覚なおにぎり屋さんではあるが、店内は間接照明を使った落ち着いた雰囲気で、ファーストフード店というよりもダイニングバーにいるような感じである。
肝心のおにぎりは口の中に入れるとご飯がホロホロと離れる、いい感じの握り具合で、具も多くて満足。
職場の近くにも出来てくれないかなー。

抹茶豆乳ラテは、抹茶の香りが強いので豆乳が苦手な人にも飲めそうだと思う。
下の方に黒蜜が沈んでおり、上にはきな粉がかかっている。
くどくないスッキリ目な甘味なので◎。

2003.09.07 秋の味覚

今日は、まう茶会の「梨狩り茶会」に娘を連れて参加した。
場所は川崎市の田村農園さん。
川崎で梨の栽培をしているというのが、正直言ってちょっと意外だった。
しかも南武線の中野島駅から徒歩ですぐというアクセスの良さ。

目的地に着いて早速梨狩りスタート。左から豊水、二十世紀。特にでっかい豊水を厳選して、いただいちゃました。
私が良さそうな梨を選んで、子供にもいでもらった。
はさみとか使わなくても簡単にもげる。
赤梨の豊水が5個と青梨の二十世紀を1個お持ち帰り。

その後、広い敷地内の一角をお借りしてお茶会スタート。
梨と言えば「梨山茶」をはじめ、宋種群体単ソウ、宋種芝蘭香、雪片玉蘭香などなど美味しいお茶が盛りだくさん。
そしてもぎたて梨の皮を剥いていただいた。
すごくジューシーで甘くて、歯ざわりもシャキッとして美味。
特に今まで敬遠していた二十世紀のイメージ(硬くてあんまり汁気が無い)がガラッと変わってしまった。
豊水に比べると歯ごたえはあるのだが、噛むほどに果汁が口の中に広がってすごく美味しかった。
途中でFM横浜の生中継が入ったり(まうさんがラジオデビュー!)、子供たちは犬と遊んだり、楽しいお茶会だった。

今日もごちそうさまでした&ありがとうございました!

帰宅途中にスーパーに寄ると、生サンマが98円で売っていたので夕食のオカズに買った。
今年は冷夏なので、サンマの時期が例年よりも早いのだそう。
身がふっくらして美味しかった。

秋の味覚を堪能した1日だった。

2003.09.02 大葉種 [シ眞]紅@茗心坊

今日は、台湾で買ってきたお茶用のCD「桂花龍井」を聴きつつ[シ眞]紅でまったり。
この[シ眞]紅は芽の部分だけで作ったもの。
[シ眞]紅といえばスモーキーな香りを思い出すが、このお茶はスモーキーフレーバーはほとんど感じさせない。
茶葉の香り自体もほのかに香るくらいで控えめな感じであるが、味の方は落ち着いた甘味があり長く楽しめる。

------------------------------------------ライティングがいまいちだ。
昨日は配属が変わった夫の前任地での送別会だった。
そこでミニブーケをもらって帰ってきた。
久しぶりに生け花をしてみた。
花が多めだったので、アレンジメントに近くなってしまったが、やっぱり花のある生活はいいなと思った。
もっと広い部屋に引越しできたら、お花もどーんと飾れるのに。


 ←トップページに戻る  ←他の過去日記を読む